利用者様が地域において共同して自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、個々の障害の理解に努め、置かれている環境に応じて、入浴・排泄又は、食事等の介助・介護・相談、その他の日常生活上の援助を適切かつ効果的に行います。